キャリアアップに役立つ資格とは

hirai | 2014年12月12日 | No Comments »

いまや小学生からパソコンの基本的な操作を授業の一環として教えている時代。
小学生からお年寄りまで、実にさまざまな人たちがパソコンや携帯電話、スマートフォン、タブレットなど操作するようになり、ITはいまや、すべての人たちに生活に欠かせないものとなってきています。

ITに関する資格も実にさまざまです。
小学校で教える程度のパソコンなどの基本的操作や知識などを問う初歩的なレベルのものから、高度な専門的知識や技術を問われる試験まで実にさまざまです。
その中でもIT関連の仕事に就いている人たちが、自分のスキルアップやキャリアアップのために持っていたほうがいい資格について調べてみました。
先ほども言ったようにIT関係の資格にはいろんな種類の資格があります。
大きく分けると4分野に分類されるので、分野ごとに考えていきます。

・「国家・公的資格」
その名の通り、国家試験や地方自治体が認める資格のことです。
この中では「基本情報技術者試験」と「応用情報技術者試験」が役立つ資格としてあげられます。IT関連の仕事についている人たちであれば、この資格は持っている人も多いことでしょう。
そのほかに「ネットワークスペシャリスト」、「情報セキュリティスペシャリスト」、「データスペシャリスト」、「ITパスポート」などの試験が注目されています。

・ビジネス系資格
ITとは直接感ヶ位はないものの、ITを活用する仕事に就く人には是非持っていて欲しい資格です。
「TOICE(600点以上)」、「簿記検定(2級以上)」、「中小企業診断士」、「ビジネス実務法務検定」、「フィナンシャルプランナー」などがあげられます。
やはり、IT用語やITを武器に世界中で仕事をするに当たり、英語の知識は必要とされます。
ITとは直接関係はないものの、持っていて損はありません。

・ベンダニュートラル資格
さまざまな企業が展開しているIT関連のソフトや、アプリなどの基本的な知識を求められる試験です。
「LPIC(Linux技術者認定資格)」、「ITIL認定資格」、「PMIPMP」、「UMLモデリング技能認定」、「.comMaster」などがあげられます。
更にこの分野では、今現在スマートフォンなどで話題になっているAndroid技術者認定資格が急激に注目を浴びてきています。
新しい資格である為、今は保有者は少ないもののAndroid携帯端末の普及により、今後は取りたい資格として急成長していくでしょう。

・ベンダ資格
企業が主催して行なっている資格で、自社製品に対しての知識や技術を問う資格のことである。
これによると多いのは日本オラクルが主催しているオラクルのニンjん呈した四角が最も多いです。

逆に、マイクロソフト系の資格はもう古い時代なのでしょうか、取得者は多いものの役立ったと答えている人は少ないようです。
このように、多種多様な資格試験の中でも、ITに関する仕事についている人たちが注目すべき資格について考えてきました。
自分に必要な資格を把握し、その資格を取得することは自分のキャリアアップだけではなく、スキルの向上につながっていきます。
是非取得してみてください。
キャリアアップする為のサイトを見つけたので、是非お役立て下さい。⇒「http://freeengineers-careerup.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です